片桐みかんの日記

感じた事や、伝えたい事をおもいつくまま書いてます。

2020年スタート!目標立てましたか?

こんにちは。

2020年がスタートしましたね。

あなたは何か目標を立てましたか?

 

私は久しぶりの年末年始の6連休にやることリストを作成。

1、編物を1つ編み上げる。

2、プライムビデオで1つ作品を見る。

3、本を1冊読む。

4、なるべく身体を動かす。

5、ブログを更新する。

 

 

さて今日は最終日!

クリアしたことは、

1、3年越しの帽子を編み上げ、ただ今マフラーを2つ同時進行で編んでます。

2、プライムビデオで、

ぼくの名前はズッキーニ   ・俺はまだ本気出してないだけ

・ステキな金縛り       ・THE有頂天ホテル

万引き家族

を観ました。

3、本はまだ1冊読み終えてないです。

4、ほぼ家から外出することなく身体を動かさず食べて寝て、少し家事

して机に向かい編み物とゲームをして過ごしてました。

5、ブログの更新の最中。

 

 

年末年始の目標もこんな感じで進んでいますが、編み物をしながら思ったことがあります。編み物をしているとよく目を間違えてほどいてはまた編むのでなかなか進みません。飼い猫は毛糸目がけ手を伸ばしてきて、少し目を離せば机から編んでいた編み物が畳の上に落ちていてぐちゃぐちゃに・・・

世の中なんて自分の思うようにならない、こんな狭い家の中にいても思わぬ邪魔が入り行く手を阻むのですから、そして完璧にしなくても誰にも迷惑はかからないので気負う必要もないのだと、そう考えるといつ編み物を飽きて止めても良いかって!

 

ケアマネの仕事は制度を守るという使命みたいなのがあり窮屈に感じることがありましたが、自分の趣味は息抜きのような物なので自分の好きにして良いんだと思うとより楽しむことができた気がします。

 

2020年、1年はあっと言う間に過ぎていきます。

何か一つでもいいのでこれだけはやり遂げたという達成感は味わいたいと思っています。

昨年はケアマネの更新とケアマネの仕事を頑張ったので、今年は放送大学の勉強の再開と、自分だけの休みの時間を満喫する(好きな花の写真を撮る、色々な所へ出かける)。

 

f:id:katagiri-mikan:20200105104324j:plain


私の編み物の邪魔をするメインクーンのワトソン君です。

 

カメラを向けるとこのポーズ!

新しい出会いや親しい人との絆を深めながら今日からまた自分の信じた道を回り道や近道を探して歩いて行きたいと思っています。

2020年もブログ更新できるように頑張りますのでよろしくお願いします。

 



 

浜田省吾さんのコンサートに行って来ました!

こんにちは!

12月1日(日)福岡サンパレス

100%FANFUNFAN2019 

1980年初めの頃の歌をたくさん歌ってくれて、会場は大いに盛り上がりました。

 

1980年の頃の私は浜田省吾さんの歌を少し知っているくらいで、コンサートに行ったこともありませんでしたが今回コンサートで聴くことができて本当に感激しました。

 

 

私は10年前からファンクラブに入り歌を聞いています。

1980年代の浜田省吾さんはDVDの中で見ることが出来ましたがやはりコンサートとは違いますね。

今回のコンサートで「明日なき世代」を熱唱する浜田省吾さんを見て、ものすごく嬉しくて感動しました。

 

 

40年の時を経ても色あせない歌!

 

 

コンサートで歌った曲が入ったアルバムを車の中で聴いてコンサートの余韻に浸っています。

 

 

幸せなひと時を過ごせたことで、これから先を頑張る勇気がもらえました。

 

 

 

 

踏み出す力

こんにちは。

先週知り合いの施設で歌を歌ってきました。

ギター片手に懐かしの歌を施設の方々と一緒に歌いました。

手作りの歌の本を作り持参。

ギターの演奏と歌声が施設の中に響き、笑顔がこぼれあっという間に用意した歌を歌い終わり、アンコールでもう2曲演奏しました。

 

ギターを久しぶりに弾いたので途中から人差し指から出血。痛みをこらえながら演奏しました。

ギターの演奏も歌も上手ではありませんが、少しでも楽しい時間を過ごせればという思いだけてやってみました。

幸い施設の方々が盛り上げて下さり楽しい時間を過ごすことが出来ました。

思えば介護の仕事を11年前から始め、いつか施設で歌えたら良いなと考えていたので、また一つ夢が叶いました。

私はいつも行動を起こす時に考えることがありまし。それは、やるか、やらないか、の2つだけ。

結果は考えません。とにかくやって上手くいかなかったら、その時にどうすれば良かったか考えます。

ギターは上手に弾けませんでした。歌もまずまずの出来でした。帰りの車の中ではもっと楽しんでくれるにはどうしたら良かったのか反省ばかりでした。

しばらくたつと、とにかくやれることはやった。何よりやった事だけは評価しても良いのかな!と自己満足。

次回は未定ですが、これからもやろうと思ったことはやってみようと思います。

人生は一度きり!

時間はあるようでない!

もしあなたが迷っているなら自分の心の声を聞いてみたら如何でしょうか?

踏み出す力になると思います。


f:id:katagiri-mikan:20191019181549j:image

今日から日本シリーズですね。

私は福岡ソフトバンクを応援しています。

 

 

 

 

 

ケアマネ1年生から次のステップへ!

こんにちは。

今日はケアマネになった1年を振り返ってみようと思います。

去年の9月1日から初めてのケアマネの仕事がスタートしました。

ケアマネの資格を取ったのは4年前で実際実務を始めるのは今回が初めてでした。

ケアマネの仕事はやってみてわかることが多く、勉強したことはあまり役にたたないなって思ったほどでした。

最初は先輩ケアマネについて教えてもらいノウハウを学びました。

介護保険の仕組みも説明できず、冷や汗の連続。

1ヶ月のスケジュールは、月の初めは給付管理、中旬になると訪問がスタート。

ケアプランのモニタリング、プラン見直し、事業所との連絡、利用票や提供票、記録と一ぺんに色々なことをこなさないといけないので頭の中はオーバーヒート寸前。

受け持つ利用者の方と話をするのが唯一楽しい時間でした。

1、2ヶ月目はがむしゃらにやっている内に過ぎて行き、3ヶ月から6ヶ月目は何となくケアマネの仕事はこんな仕事なんだ、とわかったような感じで、半年が過ぎスケジュール調整が一番重要とわかり、1ヶ月間スケジュール調整がスムーズにいくように努めました。もちろんスケジュール通りにはいかないこともありますが、あらかじめわかっていることは準備をして臨みました。

ケアマネの仕事は終わりのない仕事ですが、メリハリも大事!

 

ケアマネは5年に1回の更新研修が義務付けられています。

今更新研修を受けているのですが、一人前のケアマネになるには最速で10年かかると講師の方が言ってました。常に学び自己研鑽しなくてはいけない職業だとも言われてました。

 

さて私の一人前のケアマネになる道はまだまだ長いのですが、そんな中

1年間ケアマネの仕事ができたのは周囲の協力や支えがあったからです。

家族や職場の方、利用者さん、事業所の方々が本当に温かく見守つて下さりここまでくることができました。もちろん飼い猫の存在も大きかったです。これからも優しい気持ちと笑顔を忘れず頑張っていきたいと思います。

 

こんな私ですが、ブログを読んで下さる方に伝えたいことがあります。それは、

新しいことに挑戦するのに遅すぎることはない!ということです。

大変なこともありますが、何とかなっていくものです。

誰にでもチャンスはあるし、自分の可能性を信じて進んでほしいと思います。

失敗しても良いじゃないかって、失敗から学べば良いと時に開き直り生きてみませんか?

 

それから1年経って、また新たに思うことがあります。

ケアマネになって何を目指していたんだろう?って自分に問いかけをしてしてみると、「人の役に立ちたい」がケアマネの仕事をやりたかった1番の理由でした。

これからも「人の役に立てる人間として成長していきたい」と思っています。

 

追伸:職場では何故か宇宙人とか、不思議ちゃんと呼ばれている私ですが本人は至って普通の人間だと思っています。まぁ「何が普通?」と聞かれると答えに困りますが・・・

 

 

夏休みの思い出

こんにちは。

今日は夏休みの思い出について書いてみます。

私は奄美大島で育ちましたが、母親が鹿児島の大隅半島の出身で母方の両親も住んでいたので毎年夏休みには鹿児島に行きました。

夏休みに入るとすぐ1週間ぐらいで宿題をすべて終わらせ、部活(テニス部に所属)の大会が終わるのを待って、2週間ぐらい鹿児島で過ごしました。

名瀬市(現奄美市)から夜9時のフェリーに乗ると、朝の8時30分ぐらいに着きます。

東シナ海は天候が良いとフェリーも揺れが小さいのですが、台風の影響があったり低気圧の影響があると時化て大変です。

寝ていても横にゴロゴロ動き、トイレに行く時は壁にぶつかりながら吐きそうになるのを我慢しながら行きます。何度乗っても船酔いしますから大変でした。

そんな中でも楽しみがありました。ゲームセンターの中にジュークボックスがありその頃は3曲100円だったかな、貴重な100円を使い好きな歌をかけて聴くのが大好きでした。何をかけていたのかは定かではありませんが、「君の瞳は100満ボルト」「迷い道」「飛んでイスタンブール」とか聴いていた気がします。

夜に好きなだけ起きていられるので、夜の海をずーっと眺めていたり星空を眺めているのがとても好きでした。特に明けてくる空を見るのが大好きでした。

小学校6年生くらいからは一人で鹿児島に行っていたので、一人旅をしている気分が最高に気持ち良かったのを覚えています。怖い記憶はほとんどなく、母からもらったお金を無くさないようにだけ気をつけていました。

船酔いするので食べた記憶はあまりありませんが、ジュースを自販機で買って大事に飲んだような気がします。

鹿児島に着きバスで鴨池フェリー(45分)の所へ行き、大隅半島に渡りました。

垂水からバスに乗ること40分(待ち時間が約1時間)、乗り換えて30分、バス停から祖父母の家まで30分かけてやっと着きます。

奄美大島の家を出て約2日間たっぷりかかります。

そんなにしても帰りたい祖父母の家と大好きな風景がありました。

祖父母の家は扇風機もありませんが、とても涼しくて心地よい場所でした。

美味しいご飯が食べれるわけでもなく、お小遣いがもらえることもないのに毎年かかさず行っていました。今思うと何で行っていたのかな?って疑問です。

ただ行かずにはおられない場所だったんだと思います。

祖父母の家の近くには従妹がいて、おばさん(母の妹)に着いたことを知らせると迎えに来てきれました。おばさんはとても良い人で、ご飯を食べさせてくれてお小遣いもくれました。お小遣いが欲しかったのではないのですが、いつでも優しく接してくれてました。そこは牛を飼っていて、牛を見るのも好きでした。

夕焼けが沈む風景は心がとても落ち着き、この風景を見る為に来ているのかな!と思ったりもします。

2週間の間、勉強のことも部活のことも何も考えずぼーっとして過ごせる時間が好きだったのかもしれません。

今は毎日が忙しくてぼーっとして過ごす時間がありませんが、夕焼けの空を眺めたり空を眺めたりする時間を大切にしたいと思っています。

あなたの夏休みの思い出は何ですか?

 

慰安旅行に行ってきました!

何十年ぶりに慰安旅行に参加しました。

職場の方と福岡県の朝倉と小石原へ行きました。

最初の目的地は如意輪寺(かえる寺)。

現在5000ものかえるがあるとのこと。

大きな楓の木がありとても素敵な場所でした。

かえるの口に入っているのは何でしょうね?

次はキリンのビール工場見学。

向上見学は好奇心旺盛の私には興味津々!

ビールが出来上がるまでの道のりを学べてとても面白かったです。

最期にビールの試飲があったのですが、アルコールがダメな私は試飲はせずに午後の紅茶を頂きました。

朝倉から小石原への移動の時、平成29年に7月の九州北部豪雨の被害の跡が残っていて近くで見ることがなかったので衝撃を受けました。

新しく道路は出来てきていますがまだ完全に復旧するのはまだまだ先のことだと思いました。

昼ご飯はやまめ山荘で頂きました。

美味しい食事を食べながら、職場の仲間と親睦を深めるいい機会になりました。

食事の後は小石原のガイドさんと窯元周り。

色々な窯元を巡りたくさんの焼き物を見ることができて楽しい時間を過ごせました。

気に入ったどんぶりと小鉢をお買い上げ。

時間は夕方の17時。

今日朝から楽しみにしていた「はとまめ屋」に到着。

しかしなんと定休日で閉まっていたのを見て「がーん」がっくりきてしまいました。

お土産を買うのを楽しみにしていましたが閉まっていたのでは仕方ありません。

帰りのバスの中もワイワイがやがや賑やかに話が飛び交い、夕焼けを見ながら帰路に着きました。

久しぶりの慰安旅行に大満足の一日でした。

やっぱり仕事の時と違い親近感が生まれ親しくなれるのが最高のご褒美だと今回強く感じることができました。

 

 

こんな近くで森林浴!

こんにちは。

先日の休みに姉と福岡県の篠栗町にある篠栗九大の森に行ってきました。

以前テレビで紹介され行ってみたいと思っていた場所で、今回姉と行くことができたので記事にしてみました。

九大の森は2キロ弱の広さなので親子でも大丈夫です。

遊歩道が整備されていて駐車場もあり利用料金は無料です。

今からの時期は早朝がお勧めだと思います。

利用時間は朝6時から夕方5時まで。

 

水辺もあり座る場所も作られていて、仕事のストレスがある時に来るとリフレッシュできると思います。

姉とゆっくり歩きながら、今度来る時は朝ごはん持参で来ようねと話しました。

歩いた後はやっぱり美味しいランチはつきもの!

ということで行った場所は福岡県糟屋郡須恵町にある食事処やまもも。

写真は名物のだご汁定食。

須恵町で採れた食材を使っているとのこと。

もちろん別腹でヨーグルトケーキも頂きました。

森林浴と美味しい食事を満喫した私は仕事を頑張れる元気をもらいました。

自宅から30分もかからない所に森林浴ができてリフレッシュできる所があるなんて、なんてラッキーなんだと思いながら得した気分で家路に着きました。

今度はあなたも森林浴してみませんか?

追記:ちなみに私は奄美大島で育っているので森や自然は特別なことではない所でしたが、福岡の暮らしが長く忘れていた自然の豊かさに触れ合えることができた貴重な体験でした。